民間病院と地方公務員を徹底比較!どっちがお得な看護師??

看護師にとって地方公務員として働くのと民間病院で働くのではどちらの方が得なのでしょうか?
実際に民間病院と地方公務員の両方で働いた経験がある看護師に感想を聞いて見ました。
地方公務員に中途採用された看護師はどんな施設で働いているのでしょうか?
多くの看護者は保健センターや保育園に勤務することになります。
民間から転職された看護師がまず感じるのは物足りなさだそうです。
古臭いやり方をただ決められた通りにこなすような業務が続くため、目標を見失ってやる気を無くしてしまう人もいるようです。
しかし、落ち着いた雰囲気の中で1人1人に丁寧に接する事ができるので、患者と向き合った看護を実践するには最適な環境といえるのではないでしょうか?
ようは自分次第と言えます。
地方公務員看護師の福利厚生や待遇は、民間病院の看護師から見れば大変魅力的です。
年休は自由に取得できるし、なんといっても土日祝日が基本的に休みです。
民間病院のように勤務に追われ疲労困憊してしまうようなことはありません。
民間病院から地方公務員に中途採用で転職すると、ほとんどの看護師は年収が下がってしまいます。
また、国家公務員や地方公務員の給与は年々削減されていますが、各地方自治体の財務力によって実際の状況は異なるようです。
しかし、地方公務員として身分は保障されているので、民間病院のように潰れて突然職を失うことはありません。
昇給も毎年公平に行われ、退職金や年金などの心配は一切ないので、トータルで考えると地本公務員の方が得かもしれませんね。

LINEのメリットデメリット

LINEを利用する未成年の児童が、性的犯罪などの事件を起こしてしまう話を良く聞くようになりました。
先日も中学生と高校生がLINE上で児童ポルノを交換したとして逮捕、補導されました。
増加する未成年の逮捕者に危機感を抱いた警察は、インターネット事業者には児童ポルノなどの違法・有害情報の拡散を防ぐ義務があるとして 無料通話アプリを運営する株式会社LINEに対して、未成年者のアクセスを制限するなどの対策をとるよう要請を出したそうです。
もっと有効な対策はLINEの利用者に年齢制限を設ける事だと思います。
18歳未満の携帯からLINEに接続できないようにする事は、技術的にも簡単なことです。
しかし、利用者の大半が若年層であるLINEにとっては死活問題となるので思いきった対策を取ることはないでしょう。
こういった事件を減らすにはアプリの運営者に責任を押し付けるばかりでなく、使用者の啓蒙も大切なことは言うまでもありません。
良くも悪くも話題性のあるLINEのラインの出会い方を理解して、新しいコミュニケーシュンツールを使いこなしたいものです。

Copyright(c) 民間病院と地方公務員を徹底比較!どっちがお得な看護師?? All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析