看護師の年収・給料は本当に高いのか

看護師の年収は平均して約460~70万円くらいと言われています。 看護師は正看護師と準看護師がありますが、準看護師だと約400万円ほどになるようです。 準看護師も正看護師とほぼ同様な仕事内容なので収入面を考えた場合、やはり正看護師の資格を取得しておく方がいいかもしれません。 それでも一般的な女性の平均年収の約2倍ですからやはり看護師は高収入ととらえることができます。 平均すると約400万円台となりますが経験や実績がものを言う仕事なのでキャリアを重ねるにつれてさらに年収がアップしていくことは十分に考えられます。 しかし高い年収なのにはもちろん理由があります。 一番大きな理由としてはやはりなんと言っても過酷な仕事内容があげられます。 特に夜勤・深夜勤などにより不規則な生活を求められる点や、患者からの苦情の対応、医療に対する新しい知識や技術の習得も継続して行っていかなればなりません。 結果収入面だけ考えて看護師になった人よりも、看護に対しての志が高い人の方が続く傾向があるようです。 しかし高年収と言われている看護師でも転職理由として給与面に対する不満をあげている人が多く、一概にすべての看護師が高収入と言えないのかもしれません。 もしくはハードな現場で働く看護師としてはもっと待遇面で優遇されてしかるべきと感じている人が多いとも考えられます。

Copyright(c) 民間病院と地方公務員を徹底比較!どっちがお得な看護師?? All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析