看護師のやりがい

看護師の仕事は、体力的にも精神的にも大きな負担を強いられます。なのに、休みも少なく、労働に見合う充分と言える給与が支払われているわけではありません。 しかし、そう言いながらも我慢したりしながら看護師を辞めずに続けていけるのは、いったいどんな理由があるのでしょうか。 看護師のやりがいともいえる多くが「患者さんの笑顔」や「患者さんからのありがとうの一言」、そして「患者さんとの交流」だということです。 中でも特に「患者さんの笑顔」や「患者さんからのありがとうの一言」は、看護師を続けていける原動力になり、人の役に立てたという気持ちに、相手から感謝されるのは、看護師のつらい仕事でもやめたいという気持ちが無くなるものだといわれています。 こんな看護師の仕事は、向いている人と、そうでない人がはっきりしています。看護師の仕事に向いている方は、大きなところは、向上心があるということがいえるのではないでしょうか。医療技術の進歩に伴い、同様に看護技術も進歩していきます。そのため、新しい技術を学びながら、より高度な看護技術を自分のものにするために、常に勉強していく必要があります。さらに知識の勉強だけではなく、ミスした時には「なぜこうなったのか」「どうすればよいのか」それを考えて改善し、より看護師の質を高める必要があります。このような質の向上を学びながら患者さんに看護をすることがより良く、より感謝を受けられるような看護師となるのでしょうね。体力的、精神的につらくても、それを向上心が支えて、困難をバネに変える力をもっているなら、看護師の仕事は天職なのでしょうね。

Copyright(c) 民間病院と地方公務員を徹底比較!どっちがお得な看護師?? All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析